生産スケジューラの活用方法

生産スケジューラを導入するメリット

生産スケジューラを使うデメリット

生産スケジューラを使うデメリット 生産スケジューラを使うデメリットですが、生産管理の情報をすべて電子化すると、万が一天災に見舞われた時、パソコンやクラウドサービスが使えず内容が一切確認出来なくなる点です。
社内に非常用のバッテリがあったり、災害対策用のソーラーパネルや非常用電源があれば、災害で停電したり節電を要求されても、臨機応変に生産スケジューラは使えます。
ただ、規模が比較的小さい地方の工場や中小企業のオフィスではそういった非常時の備えが完璧ではないのが実態でしょう。
すべてを電子化すると、災害に弱い脆弱性が生まれるので、同時に紙のスケジュール表も並行して作成する等して、冗長性を担保するのが大事です。
次に生産スケジューラの納期を意識するあまり、現場スタッフが品質管理に充てる時間や手間を省いてしまう、というデメリットが考えられます。
スケジュールが「見える化」されるのが生産スケジューラの利点ですが、一方で現場スタッフには大きなプレッシャーとなります。
現場でトラブルがあり、想定通りの納期に製品が完成しないと分かって時点で、リーダーが柔軟にスケジュールの変更を講じなければ、現場が混乱しかねません。

生産スケジューラが使えない、というトラブルを避けるためには

生産スケジューラが使えない、というトラブルを避けるためには 生産スケジューラを現場に導入すれば、今までは各部署が我流で行っていた生産スケジュールの管理が、組織全体で行えます。
プロジェクトの班ごと行っていた生産体制の情報管理も、生産スケジューラ導入で可視化され、別の班や物理的に距離が離れた他の現場のスタッフも、今現在の生産スケジュールがどうなっているか、具体的な納期や量はどうなるのかが、客観的にチェック出来ます。
生産スケジューラを組織に入れるにあたり、気を付けたいのが「俗人化」です。
ITスキルの高い人材は良いも悪いも感覚的にシステムやビジネスソフトを運用しやすいです。
生産スケジューラを作成し管理する有能な社員にとっては、完璧で分かりやすいグラフやスケジュール表だったとしても、他の一般スタッフが正しく内容を解釈できなければ、信頼できる進行表として使えないので要注意です。
俗人化をさせるためには、複数人でスケジューラを作成したり、複数のスタッフで完成した表をチェックしたり、現場の様子に合わせて臨機応変に情報を修正する等の対策が要ります。