生産スケジューラの活用方法

生産スケジューラを導入するメリット

生産スケジューラの考え方!導入して終わりではない!

生産スケジューラの考え方!導入して終わりではない! 生産スケジューラーは、納期や数量、納品場所や、工数の計画や管理など、製造活動を効率化してくれるシステムです。
生産業務は製造業においては基幹となる業務であり、その業務を管理することは極めて重要です。
そこで、生産スケジューラを導入する製造業は多くなり始めています。
しかし導入すれば業績が伸びるのでしょうか。
その考え方は少々危険が伴います。
一般的に生産スケジューラシステムは導入が難しいと言われています。
製造業の場合は生産が立ち行かなくなると、製造業自体の事業が成り立たなくなります。
そのため経営トップから、生産現場までを巻き込んだ前者プロジェクトを立ち上げることが必要なのです。
特に生産管理スケジューラは、基幹システムで失敗は許されません。
トップ自らその管理に参加しリーダーシップをトップ層が発揮することが必要です。
トップ層はプロジェクトの舵取りをして、率先して目の前の課題解決に協力する責任があります。

生産スケジューラでのシミュレーションの利点について

生産スケジューラでのシミュレーションの利点について クライアントの注文内容の変更、社会情勢の変動や気象条件の突発的な変化により、工場生産の商品も変動を余儀なくされます。
製品の品質は第一ではありますが、いつも同じ仕様で同量を作るだけでよいわけではありません。
新規で大口の注文が飛び込んできたりすることもあり、既存の工程を変更できなくて泣く泣く断ることは誰もがしたくないはずです。
現場では、人員の削減や高齢化は確実に進んでいるので、技術をいかに継承していくこともたいせつな命題です。
変化する注文に追従して、いかに質の高い商品を安定して作り続けて行くかは、事業主に課せられた使命でもあります。
こうした変化する要求を満たしてくれるシステムが、生産スケジューラです。
この導入によって今までの工程の管理だけでなく、急な注文にも臨機応変に対応がすることが実現可能です。
従来と異なる工程での生産はこれまでは、通常業務を停止させてから新たな作業を加えることを余儀なくされてきましたが、生産スケジューラでは仮想的に追加や修正の工程を試行し、現状の工程への影響や従来の生産量が確保できるかなどをシミュレーションできます。
その結果、現状の生産ラインに変更や修正を加えても影響がないと判断できれば、実際にその工程を組み込んで生産を行うことができます。
注文の変化に応じた工程の変更を生産を止めることなく仮想的に行えるので、導入する価値はじゅうぶんにあります。